多様化する価値観と呼応する「Fargo」のウッド調電源タップ|d.STORE

ライフスタイルが多様化し、いろいろな価値観が認められる時代になったにも関わらず、電源タップだけは意外にも進化していない。お洒落を意識したオフィスや自宅で使いたくなる逸品とはなかなか出会えないのが現状だ。

でも、今回紹介するFargoのウッド調の電源タップは、そうした不満を一気に解消してくれる。「これまで世の中になかった電源タップを作り続ける」というブランドの理念に基づき、業界ではじめてウッド調の電源タップをリリース。見た目も触り心地もホンモノの木と見紛うクオリティはさすがだ。

人間工学に基づいたハイエンドモデル

まず紹介したい美しいウッド調デザインで特徴的な回転式の差込口を備える「TAPKING PT601BEWD」は、人間工学に基づき、日本人の指の大きさや手首の可動域、回す時の力の入れ具合を考え、最適な太さ・厚み・幅・角度・丸みを持って設計されたタップ。電源口も6つ、USBポートも2つと申し分ない機能を備えている。

回転式を採用しているため、一般的な電源タップより刃受けの銅を約3倍使用。そのため、熱の吸収力が高く、温度が上昇しにくい安全を追求した構造になっている。USBに接続された機器の入力電流を自動検知して、最適な電流を送ってくれるのも嬉しい機能。3.4Aのパワフル急速充電で素早く効率的に充電することができる。コードの長さは使い勝手が良い1.8mで、色は茶色とお洒落さを損なうことはない。

世界的なホテルの客室にも採用された電源タップ

同じく、機能性やインテリア性に優れた定番モデルである「WOOD TAP PT337DW」は、北欧風はもちろん、和室にも合うデザイン。世界的なホテルの客室にも採用されたとあって、そのデザイン性は折り紙付きだ。3つある電源口のうち2つは個別スイッチが付くことで、安全性も確保している。USBポートは2つあり、スマートフォン2台を同時に充電することも可能だ。

また背面に壁掛け用のフック穴もある。よりスマートに使用したいユーザーのニーズにもしっかりと応えているのも特徴だ。

壁口コンセントだってお洒落に

そして最後に紹介する「TAPKING USB WALL PT221BEWD」は、電源口を2つ、USBポートを2つを備える電源タップ。通常、壁コンセントを使うとUSBアダプタやコードなどで周辺がごちゃごちゃしがちであるが、これを使えば見た目もスマート。充電中のスマートフォンをタップ上に収納できるところもポイントだ。出力は3.4Aで急速充電を実現している。もちろん、USB接続機器の入力電流を自動検知し、最適な電流を送るのも同様だ。

皆が個性を求める時代に、Fargoは電源タップにおいてもその志に呼応してくれる。自身にジャストフィットする充電環境をお求めなら、Fargoの逸品はハズせないのではないだろうか。

  • ご注文のお手続きが完了した時点で在庫の確保となります。
  • タイミングによっては欠品の為ご購入いただけない場合もございますのでご了承ください。
  • photo下城英悟(GREEN HOUSE)