「好き」を軸に働くためには、「嫌い」を知るのがヒントになるかもしれない/VUILD 秋吉浩気