「世界一快適なシューズ」と評される、サンフランシスコ生まれの超環境型シューズブランド【Allbirds】

2016年にサンフランシスコで誕生したシューズブランド「Allbirds(オールバーズ)」。現在、世界7か国で展開し多くのユーザーから支持を得ているのは、何よりサステイナビリティ(持続可能性)への共感からであろう。オーナーはサッカー元ニュージーランド代表のティム・ブラウンさん。長年スニーカーを愛用してきた彼は、従来のスニーカーの在り方に疑問を持ち、生まれ育ったニュージーランドの素材メリノウールに着目。製造メーカーとして何ができるかを常に考え、サステイナビリティを据えたモノづくりを行ってきた。

「日常的に食品に表示されたカロリーをチェックする方は多いと思いますが、さまざまな製品の製造過程で排出されるカーボンフットプリント(CO2e・温室効果ガス)に気を配る人は、ほとんどいないはずです。私たちが起こそうとしているのは、まさにそんな行動改革なのです」(Allbirds)

大地の力を宿したエコフレンドリーなランニングシューズ

近年のスニーカーが盛り上がりを見せる一方で、石油に依存した生産体制は地球環境にとって大きな脅威となっている。そんな状況に改革を起こすべく誕生したランニングシューズが「ツリーダッシャー」。機能性も追及されたエコフレンドリーな一足で、アッパーには、ユーカリの木を原料とする通気性に優れた素材を使用している。サトウキビから生まれた「SweetFoam™」のミッドソールは二重構造で、高いクッション性と反発力を実現。

「ツリーダッシャー」

価格:1万6250円(税込)
販売店:オールバーズ原宿店、オンラインストア
カラー:Flame、Cyclone、Geyser、Thunder
サイズ:メンズ/25~32cm、ウィメンズ/22~28cm
重さ:303g(メンズ/27cm)

TIME誌が「世界一快適なシューズ」と評した代表作

ブランドの象徴であり、ロングセラーを続けるモデル。サステナブルな取り組みを体現し、柔らかく、快適でどのような動きにもフィットするは着心地は、TIME誌が「世界一快適なシューズ」と評したほど。最高級のメリノウールを使用した「ウールランナー」は、上質なコートを身に着けているのと同じような履き心地。独自開発したメリノウールを採用し、チクチク感もなく、温度を調節するとともに湿気を逃がしてくれる。

「ウールランナー」

価格:1万2500円(税込)
サイズ:22-32cm
カラー:13色

「Allbirds」が一貫して取り組む環境への意識

「Allbirds」では業界に先駆けて、“ファッションアイテムのカロリー表示”とも言えるカーボンフットプリント(CO2e・温室効果ガス)排出量をすべての製品に表示している。公式HPには、ユーザーがカーボンフットプリントへの関心を高めていくために、ほかの日用品の平均的なカーボンフットプリント排出量と比較できる表も公開。例えば、「Allbirds」のシューズの平均値である7.6kgの排出量は、スマホ充電の967回分、ガソリン車で30km 走行分、洗濯乾燥機5回分に相当、というわけだ。

DATA

設立年:2016年
所在地:東京都渋谷区
Instagram:@allbirdsjapan
HP:https://allbirds.jp