「生刷会」が大人気! ストリートカルチャーを取り入れた神出鬼没のアート集団【GRINDLODGE garage project】

「GRINDLODGE」の活動は、木材や鉄、コンクリートを使ってスケードボードのセクションを作ったのが始まり。その場でシルクスクリーンのライブプリントを行う「生刷会」をはじめ、スケートボードアートやガレージアートのエキシビジョン、アパレル販売、と枠組みに捕われることなく幅広いアクションを続けている。

現在も、さまざまな分野のアーティストが融合するパーティを主催したり、ショップのローンチイベントに登場したり、フェスやアウトドアイベントに参加したり、その全容はなかなか形容し難い。濃密なストリートカルチャー、サーフ&スケートカルチャーが組み込まれた彼らの作品には、熱狂的なファンも多い。

即興、シルクスクリーンプリンティング

「生刷会」と呼ばれる「GRINDLODGE」のイベントでは、アパレルはもちろん、イベント参加者持参のアイテムへのシルクスクリーンプリンティグを行っている。最近では、タープやテーブル、チェアシートなどチャンプギアへのプリントも行い、多彩なデザインやインクカラーのなかから選んだものをその場で手刷りし、既製のアイテムを唯一無二の存在へとカスタムを施している。

「生刷りアイテム」

価格:1PRINT 3000円~(サイズやカラーによって異なる)

TATTAM×GRINDLODGEのコラボアイテム

「TATTAM」とのコラボ商品としてリリースされたスツールとテーブル。すべてが一点モノとなるように毎回異なるデザインで販売され、「TATTAM」の機能性に「GRAINDLODGE」のエッジがプラスされたラインナップだ。「TATTAM」は、工具を使わずにパーツを組み合わせるだけで使用できる木製プロダクトを手がけるブランド。大人の男のガレージ遊びにぴったりの装いだ。

「スツール&テーブル」

価格:スツール/2万円、テーブル/3万5000円

GRINDLODGEのモチーフをアイコンに

「GRINDLODGE」のさまざまなモチーフをあしらったワッペン。今季もニューモデルが発売されたが、これまで通り1種100枚のみの限定生産でリリースされた。アイロン圧着も可能なワッペンで、シルクスクリーンとは違った、存在感のあるアイコンとなっている。

「Patch’s」

価格:1000円
サイズ:6cm程度

DATA

所在地:神奈川県川崎市
Instagram:@grindlodge

関連リンク

その場でライブ・プリントする「生刷会」が大人気。グラインドロッヂが参戦決定!