「書くこと」で伝える、残す、考える。オリジナルノートとペンのお店【カキモリ】

個人経営の店舗や小さな工房が多く、職人たちの息遣いが聞こえる町、東京の蔵前でオリジナルノートの店としてオープンした「カキモリ」。コンセプトは「たのしく、書く人」。

「アイディアを文字にする。気持ちを伝える。すぐにオンラインでつながれる時代だからこそ、どうしたら書く時間を残せるだろう? と考え、書くことのたのしさをもっと多くの人に伝え、書く人を増やすことが『カキモリ』(※書き人。人を防人のように“モリ”と読む)のずっと大切にしていることです」と同ブランドの岡本さん。

自由な色を作れるオーダーインクの姉妹店「inkstand by kakimori」をオープンしたり、気軽にインクを楽しめるローラーボールを作ったり、書くこと自体がワクワクする、さまざまなコンテンツを展開している。

自分だけのオリジナルノートを「仕立てる」

「カキモリ」では表紙・裏表紙・中紙・リング・留め具を自由に組み合わせてオリジナルのノートを仕立てることができる。表紙は革・布・紙など、多種多様な素材やデザインが常時60種類以上、中紙は万年筆や鉛筆など、それぞれに合う紙を約30種類から選べる。中紙交換サービスもしているので、お気に入りの表紙はそのままに、長く愛用することも可能だ。

「オーダーノート」

価格:900円〜 ※部材によって値段が異なる
判型:B6、B5

好きなインクを楽しめるボールペン

好きな色のインクを注入できるボールペン。万年筆のように、色の濃淡やなめらかな書き心地を楽しめる。インクといえば万年筆が一般的だが、「使うのにはハードルが高いかも」と感じる人も。そんな人にこそ気軽に楽しんでもらいたいという思いから、慣れ親しんだボールペンタイプが誕生した。

「ローラーボールペン」

価格:2200円(税込)
太さ:0.5mm、0.7mm

顔料インクで描く、残していきたい色

「カキモリ」のインクは、書き手、受け手、それぞれの「気持ちに響く」色を作ろう、というコンセプトのもとに生まれた。顔料インクのため、耐水性・耐光性に優れ、退色しにくいので、書いた文字を長く残しておくことができる。オンラインの時代だからこそ、一筆一筆ていねいに自分だけの書き文字を残していきたい。

「顔料インク」

価格:1760円(税込)
内容量:33ml
カラー:全13色(Blue Moment、Slumber、Voyage、Soda Glass、Canelé、Noble、Classic Theatre、Apricot Tea、Pink Lemonade、Lichenes、Sand Castle、Comet、Piano)

DATA

設立年:2010年
所在地:東京都台東区三筋1-6-2
Instagram:@kakimori_tokyo
Twitter:@kakimori_krme
HP:https://kakimori.com/