運、実力、知恵比べ……大人も子供も遊べるボードゲームの世界【オインクゲームズ】

ボードゲームを中心に、アナログ/デジタルを問わずさまざまなゲームを制作、発表している「オインクゲームズ」。代表でゲームデザイナーの佐々木隼さんが2010年に立ち上げ、2016年にはドイツ支社を設立したゲーム会社だ。

「ゲームを通して、新たな面白さを発見すること。そして、興味深くあることを大切にしています。この春には公式オンラインショップをオープンしたので、ゆっくりと自分に合ったゲームを吟味してください」と「オインクゲームズ」の稲垣さん。

子供でも遊べるものや、思考力が問われる大人向けのものまで、多種多彩なゲームをラインナップしている。カラフルなパッケージに詰め込まれたカードやサイコロ、トークンは、アート作品のようなビジュアル。見ているだけでどんなゲームなのか想像力がかき立てられる。

10万部の大ヒットを記録した会話ゲーム

「インサイダーゲーム」はクイズと正体探し、2つの楽しさが絶妙にマッチした、短時間でみんなが盛り上がれる会話ゲーム。会話で進めていくクイズの正解を目指しながら、陰で議論を思い通りに操作している狡猾なインサイダーを見つけ出さなければならない。YouTube番組などでも紹介され、全世界での発行部数は10万部を達成したヒット作。上級版の「インサイダーゲーム ブラック」は、2020年3月に発売されたばかりの新作。

「インサイダーゲーム」

価格:2420円(税込)
備考:4〜8人用、プレイ時間/15分、対象年齢/9歳以上

プレイヤー同士の駆け引きを楽しむチキンレース

「ダンジョンオブマンダムエイト」は、ロールプレイングゲームのような世界で、プレイヤーが冒険者となり、ほかのプレイヤーと「どれだけ軽装でダンジョンを踏破できるか」を宣言し合い、ハッタリや策略が行き交うカードゲーム。豪華なパッケージとイラストデザインの魅力はもちろんだが、どのモンスターをダンジョンに入れるのか、どの装備を選ぶのか、プレイヤー同士の駆け引きが醍醐味だ。

「ダンジョンオブマンダムエイト」

価格:2420円(税込)
備考:2~4人用、プレイ時間/30分、対象年齢/10歳以上

投資家になりきってトップを狙え!

運の要素もありながら、しっかり考えどころもある、少人数から多人数まで楽しめるのが「スタータップス」。プレイヤーは投資家となり、6つのスタートアップ企業に投資をして大きなリターンを得ることを目指す。しかし、最後に利益を得るのはその企業のカードを一番多く出した人だけ。プレイ時間は短いながらも、よりどっしりとしたプレイ感が味わえる作品だ。

「スタータップス」

価格:2420円(税込)
備考:3〜7人用、プレイ時間/20分、対象年齢/10歳以上

DATA

設立年:2010年
所在地:東京都港区南青山5-4-51 シャトー青山第一701
Instagram:@oinkgms
HP:https://oinkgames.com/