高尾山の麓から発信!オールドスクールなULプロダクツ【JINDAIJI MOUNTAIN WORKS】

従来の重装備な登山に対するカウンターとして登場したUL(ウルトラライト)ハイキングにおいて、チェックしておきたいブランドが「JINDAIJI MOUNTAIN WORKS(以下JMW)」。

アウトドアシーンではジャッキーさんの愛称で知られるジャッキーボーイスリムこと、尾崎光輝さんが手がけるブランドで、巧みな機能性とオールドスクールで無骨な表情を併せ持つギアのラインナップが特徴だ。「Hike,Bike,Fish&Life」を中心に、愛犬とともに高尾山を拠点に外遊びライフを満喫しながら、プロダクト作りを続けている。

オーセンティックな見た目に隠れた機能性

あらゆるアクティビティに対応するバーサタイルなベスト型フロントポーチ。ベストタイプでありながらも背面をストラップのみで構成しているので、バックパックのサイズに干渉されることなく、装着することが可能。別売りのパーツを取り付ければバックパックと同期でき、単体でショルダーポーチとして使うこともできる。「JMW」の主力商品だ。

「Packman Vest」

価格:1万7380円(税込)
カラー:Navy、Brown、Cyote

シンボルマウンテンから名付けられたULナップサック

「JMW」が拠点とする高尾山と陣場山のデイハイキングで必要な装備がすべて入る、ミニマムで軽量な「ULデイハイキング・ナップザック」として制作されたのが「Toad Sack “JIMBA” Pack」だ。このトレイルのゴールでもあり、シンボルマウンテンでもある陣場山から「JIMBA」と名付けられた。最大の特徴は背面下部に取り付けられたJMWオリジナル・ギミック「ホリゾンタル・ボトムポケット」。バッグのボトムに配備され、ウォーターボトルを収納する”ボトル”ポケットとして機能する。

「Toad Sack “JIMBA” Pack」

価格:1万4080円(税込)
カラー:Black、White

熟練工によるULクッカー

ガスストーブとガス缶がスタッキング出来る容量550mlのアルミ製のバックパッキング用クッカー。熟練工による「ヘラ絞り」という工法でひとつひとつ手作りされており、アルミ製ならではの魅力を再認識させてくれるプロダクト。

「Hillbilly Pot 550」

価格:5280円(税込)
サイズ:W100mmxH95mm
容量:550ml(max600ml)
重量:80g(フタ含む)

DATA

設立年:2011年
所在地:東京都八王子市高尾町
Instagram:@jindaijimountainworks
HP:https://jindaijimountainworks.com

関連リンク

オールドスクールな見た目がツボ。新進気鋭のガレージメーカー「JINDAIJI MOUNTAIN WORKS」