【おうちで食べるサンロクゴ商店街】やっぱり肉が好き!

d365では、スキなことを仕事にしたり、ストーリーやこだわりの詰まったプロダクトを生み出す作り手を紹介してきました。しかし現在、新型コロナウイルスの影響により、個人の作り手や小規模ブランドは大きなダメージを受けています。

いまd365にできることは作り手やブランド、商品を紹介して、多くの読者との接点を生み続けることだと考えています。そこでd365では、ネットショップの開設をサポートする「BASE」とタッグを組み、“食”をテーマに「おうちで食べるサンロクゴ商店街」と題した限定記事の連載を始めます。

自粛期間中、おうちで料理を作る機会が増えたり、デリバリーやお取り寄せの美味しい食事が心の支えになってくれたりした人も多いと思います。買って応援、と言ったら少しおこがましいかも知れませんが、作る人も食べる人も笑顔になれる関係を作れたら嬉しく思います。

TOKYO COWBOY

東京・世田谷区に店舗を構える黒毛和牛専門の精肉店「TOKYO COWBOY」。長年の経験を積んだ“ミートコンシェルジュ”が目利きした、ブランドや産地に縛られない本当に美味い肉が厳選されている。実店舗では、調理方法や予算に合わせた部位をセレクトしてカットする“フルオーダーカット”のサービスも提供する。

赤と白のバランスが美しい新鮮な霜降り和牛は、贅沢な自宅メシにもぴったり。ホットプレートを家族で囲んで肉を焼けば、みんなが笑顔になること間違いなしだ。帰省できなかった実家の家族にギフトとして送るのも喜ばれるはず。宿題を頑張った子どもたちには、大好きなハンバーグを振る舞ってあげたい。

『和牛焼肉4種食べ比べ/300g相当』

価格:6480円→『STAY HOME! 『食卓に笑顔を』キャンペーン価格4860円

『和牛ビーフハンバーグ/150g相当』

価格:1080円

『TOKYO COWBOYオリジナル 和牛に合う燻製醤油/100ml』

価格:756円

ご購入はこちらから!

TOKYO COWBOY

鴨のお肉屋さん

山形・最上郡大蔵村で、最上鴨の飼育~販売まで行う「鴨のお肉屋さん」。最上郡内で作られた飼料米を食べて育った鴨は、脂身の旨みが増して、赤身は柔らかくなるのが特長。家庭ではなかなか味わえない上質な鴨肉を、調理方法や料理のバリエーションも含めて提案する。

鴨肉の代表部位・鴨むね肉や、ジンギスカンにして食べたい鴨もも肉、スキレットで焼きたい骨付もも肉など、部位ごとに分けて販売されている。鴨肉の旨みを堪能する週末なんていかがだろうか。自宅の庭で“鴨肉BBQ”にも憧れる。

『鴨肉の王様 / 鴨むね肉ブロック/300g以上』

価格:1900円

『濃厚な旨味 鴨もも肉/約300g(スライス3人前)』

価格:1650円

『骨付もも肉 2枚入り/約500g)』

価格:1400円

ご購入はこちらから!

鴨のお肉屋さん

テーブル・ヒルズ・キッチン

秋田県で育てられた高原比内地鶏を中心に、家庭で気軽に味わえる美味しい食材を提供する「テーブル・ヒルズ・キッチン」。肉用鶏の飼養方法としては珍しいケージ飼育された高原比内地鶏は、やわらかさと噛み応えを合わせ持ち、上質で風味のよい脂を感じられる。

もも肉やむね肉は、肉本来の旨みを味わうためにシンプルな味付けで料理したい。ガラも販売されているから、おうちラーメンを作るのもいいだろう。食後には、高原比内地鶏の卵黄をたっぷりと使ったプリンを用意すれば、素敵な食卓の出来上がり!

『もも肉/1枚』

価格:1400円

『むね肉/1枚』

価格:780円

『カステラバニラプリン-プレーン/3個入り』

価格:1650円

ご購入はこちらから!

テーブル・ヒルズ・キッチン

ゆたか

創業50年を迎える北海道・十勝池田町にある料理店「ゆたか」。広大な自然の中にある牧場で育った牛や、新鮮な乳製品、そしてワインの街として有名な池田町。そんな地元の魅力が詰まった御馳走が勢ぞろいしている。

北海道産チーズをベースに池田町産の山わさび、十勝の白ワインを隠し味に加えた新しいチーズ『和ちいず』、年間250頭しか出荷されない幻のあか毛和牛“いけだ牛”を100%使用したハンバーグなど、池田町ならではの逸品をぜひとも味わいたい。

『和ちいず』

価格:1080円

『プレミアムいけだ牛ハンバーグ/2個入』

価格:3240円

『【十勝・帯広名物】豚丼の具/5個入』

価格:4320円

ご購入はこちらから!

ゆたか