夢見心地の着心地。一日中着ていられるお洒落なパジャマ【NOWHAW】

「寝心地最優先」を合言葉に、心地よくくつろぐためのパジャマを提案するブランドが「NOWHAW」。家でゴロゴロとくつろぐことが好きな夫婦で始めたというブランドは、生地もパターンもこれまでになかったパジャマの在り方を教えてくれる。

「パジャマのままでいることってどこかタブーとされており、とはいえ実はそんなタブーに魅かれているのも事実です。そんな思いから、1日中パジャマ姿でいられるようにと作ったパジャマです」と語るのは、デザイナーを務める十河さん。

今回紹介するアイテムは、同じパターンで異なる生地を使ったものがラインナップされているので、自分好みのものを選ぶ楽しみもありそうだ。

ブランドを代表する定番モデル「day」

「NOWHAW」のパジャマを代表する定番のモデルが「day」。パジャマ姿のままでもだらしない印象を与えない、一日中(day)着ていられるようにと名付けた定番モデルで、生地には「NOWHAW」の定番テキスタイルである「ベビーデニム」と呼ばれる、赤ちゃんの肌にもやさしい柔らかいデニム生地が使われている。両サイドのポケットは大きめにし、新書判サイズの本が入るサイズというのもうれしい仕様だ。

「”day” pajama #denim」

価格:2万2000円
サイズ:ユニセックス/0(XS-S)、1(S-M)、2(L-LL)

カンフージャケットを模した大人の寝具

カンフージャケットをパジャマにデフォルメしたのが「“kung-fu”pajama」。ボタン部分は留めるだけでチャイナジャケットの雰囲気を纏うデザインで、立ち襟(チャイナカラー)だが、首元が苦しくならないよう広く作られている。また、上下とも暗闇で光る蓄光タグは、大人の“夜の営み”後、部屋の明かりを点けずにパジャマの場所を探せるというウィットに富んだ設計。襟の後ろにコンドームが入る大人のシークレットポケット付き。

「”kung-fu” pajama #denim」

価格:2万4200‬円(税込)
サイズ:ユニセックス/0(XS-S)、1(S-M)、2(L-LL)

オーバーサイズのパジャマなら「ジャンボ」

大きいビッグサイズのモデルが「”jambo” pajama」。シンプルでトラディショナルなオープンカラーのパジャマで、肩幅・身幅・アームホールを広くとってあるので、大きな体型の人におすすめなモデルだ。オーバーサイズで着たいという人にも◎。生地は細い糸で高密度に織られたブロードストライプ。 さらっとした風合いで柔らかく軽い、気持ちのよい肌触り。

「”jambo” pajama #micro stripe」

価格:2万6400‬円(税込)
カラー:#black micro stripe、#blue micro stripe
サイズ:ワンサイズ

DATA

設立年:2011年
所在地:東京
Instagram:@nowhaw_pajama/
HP:https://www.nowhaw.com/