“芸術家肌”のオーナーのこだわりが詰まったミニマルショップ【OUTDOOR SHOP DECEMBER】

美術やデザインの仕事、家具作り、飲食店経営と「自分の興味のある事を色々とやってきた」、そう語るのは山形発のアウトドアショップ「OUTDOOR SHOP DECEMBER」のオーナー・菊地大二郎さん。

「もともとモノづくりの仕事をしていたので、ショップ開業当初よりオリジナルブランド製品の開発を進めていました。これまで続けてきたことをアウトドアプロダクトに落とし込んだのが『OUTDOOR SHOP DECEMBER』です。大切にしていることは、自分たちの行動から生まれたアイデアをデザインにまとめること。ただし、遊び心も忘れずに」(オーナー・菊地さん)

同ブランドはアウトドア好きの間では有名で、2018年の秋に山形から満を持して東京・目黒に店を構えた。オリジナルブランド「DAIS」「CUCUCHI」を中心に、アウトドアに関係のないホーローバットなど昔懐かしいレトロな商品も扱っており、厳選されたオーナーのこだわりが詰まったアウトドアセレクトショップだ。

キャンプにおける「キッチン」そのものをコンパクトに表現

DAISの「ユーティリティキッチンロールケース」は、いわばキャンプのためにデザインされた「キッチン」そのもの。たった「一本の棒」を加えただけというシンプルなアイデアで、これまでのキッチンロールケースになかった新しい機能が加わった。ロールケースとして機能しながら、一般的な調理道具と4~6人用のカトラリーが収納可能で、機能性や携行性、汎用性を兼ね備えたキャンプにおけるキッチンの要素がコンパクトに詰め込まれている。

DAIS「ユーティリティキッチンロールケース」

価格:6050円(税込)
カラー:マスタードイエロー、ナチュラルホワイト、スモーキーベージュ、ダークオリーブ
素材:ハラフィン帆布

こんなキャリーバッグを探していた

DAIS「ギア&ログキャリー」は薪やキャンプツールのためのキャリーバッグ。ストレージとしてもキャンプサイトにそのまま平置きにして使うこともでき、両サイドには絶妙な幅のマチのあるポケットが配備されている。ソロキャンプの“食まわり”ならコレひとつで十分に事足りそうだ。素材はコットン100%の帆布素材で経年変化を楽しむことができ、これなら焚き火も怖くない。

DAIS「ギア&ログキャリー」

価格:S/1万1990円、M/1万3090円(ともに税込)
サイズ:S、M
カラー:サンドベージュ、ベージュ、オリーブドラブ

フィット感がたまらないカートリッジカバー

タクティカルな雰囲気を盛り上げるマルチカム®︎、ハンティング用のカモフラージュパターンのリアルツリー®︎、使い込むほど味わいが増していくキャンバスベージュの3つのモデルを展開するガス缶のカートリッジカバー。ジャストフィットするサイズ感にこだわって製作されたとだけあって、フィット感は抜群。カートリッジカバーは数あれど、しっかりとフィットするカバーは重宝だ。

DAIS「カートリッジカバー」

価格:110/2420円、250/2640円、500/2860円、CB缶/2640円(すべて税込)
サイズ:110、250、500、CB缶
カラー:マルチカム®︎、リアルツリー®︎、キャンバスベージュ

DATA

設立年:山形店/2009年、目黒店/2018年
所在地:山形店/山形県山形市飯田2-2-2、目黒店/東京都目黒区目黒4-10-4
Instagram:@outdoorshop_december
HP:http://december.shop-pro.jp

関連リンク

手作りのオリジナルブランドが大人気! 山形発の個性派ショップ「OUTDOOR SHOP DECEMBER」