超人気店も参戦決定! クリエイティブディレクター梶原由景氏が監修するフードブース「梶原由景のうまいもの市」

2020年1月12日(日)、13日(月・祝)の二日間にわたって、表参道のBA-TSU ART GALLERYで開催するd365のマーケットイベント「サンロクゴ商店街」。本連載では、このイベントにご参加いただくショップやブランドの魅力を深堀りインタビュー。今回紹介するのは、クリエイティブ・コンサルティングファームLOWERCASE代表の梶原由景さんが監修を務める「梶原由景のうまいもの市」。食通としても有名な梶原さんに今回の出展への意気込みを聞いた。

食へのこだわりもガジェットへのこだわりも同じ

グルメな読者ならば、クリエイティブディレクターよりも、食通として「梶原由景」さんの名を知っている人も多いかもしれない。大手サイト、メディア、TV番組とグルメ系オーソリティとして、本業であるファッションの枠を越えて活躍している。

「ファッション系やガジェット系が本業ですが、実は食へのこだわりも考え方は同じです。無駄や後悔を失くしたいだけで、行列のできるお店に行きたいわけでもなければ、新規オープン、話題のお店にも興味がないんです。即席麺も好きですし、逆にどんなに有名店でも好き嫌いははっきりしていますね。1日の限られた食事で後悔をしたくないといいますか、好みじゃないものでお腹を満たすのはばかばかしいでしょ」

確かに、今回の出展する「梶原由景のうまいもの市」では、20余りのお取り寄せ、お土産グルメがラインナップされているが、知られた有名店だけでなく、ローカルグルメと言えるものや、地方で名があっても東京ではなかなか目にすることのできないものとさまざまだ。しかし、どうして本業の傍ら全国各地の食に精通しているのだろうか。

「BEAMSに勤めていたとき、全国各地の店舗に年に一度は行くんです。繁盛店なら年に何度も行きましたし、そういう意味では、あちこちの食を現場で味わえることができました。とくに、南に行けば行くほど悦楽主義と言いますか、来た人には損はさせないという気概があるので、あちこち行かせていただきました。福岡出身なので九州の味が舌に合っているのかもしれませんね」

東京では味わえない、「サンロクゴ商店街」で味わえる味

「今回のイベントでは、アパレルブランドやガジェット系のお店が並ぶと思いますので、百貨店の催事場で催される物産展といいますか、飾り気のない感じでの出展を考えています。また、東京ではなかなか手に入らない希少なものも登場するので、『サンロクゴ商店街』はそれを味わえるいい機会になると思います」

では、「梶原由景のうまいもの市」でセレクトいただいたラインナップのうち、その一部を梶原さんの推薦コメントとともに紹介しよう。

想夫恋〈大分〉

「日田焼きそばの発祥とされるのが、想夫恋(そうふれん)。パリパリに焼くのが日田焼きそばの特徴ですが、これを調理済みのものでやるのはなかなか難しいんです。想夫恋の焼きそばは生麺が取り寄せられるので、あの独特の食感を再現できます。いわゆる『袋焼きそば』が好きというのもあるのですが、母親の実家が日田にあったのでなじみの味です」

吉野の鶏飯〈大分〉

「鶏飯は、休日の昼食とかに自分で作ったりするほど好きで、吉野の鶏飯は有名ですね。今回は冷凍のおにぎりをご提供いただいたので、九州の鶏飯を味わってもらういい機会だと思います。帰省のたびに買って帰っていて、『鶏飯』と言えばここです。甘みのある具材がクセになります」

鈴屋のデラックスケーキ〈和歌山〉

「和歌山の菓子店、鈴屋の『デラックスケーキ』は知っている人も多いかもしれません。独自の製法で作られたカステラにジャムをサンドしてホワイトチョコレートでコーティングしたお菓子です。いわゆる昔ながらのスポンジケーキと言いますか、素朴な味がとても気に入っています」

マモンエフィーユの「ビスキュイ」

「マモンエフィーユの『ビスキュイ』は、フランス菓子のようにしっかりと甘くて、大好きなビスケットのひとつです。しっかりとフランスで修業されたパティシエさんが手掛けているのでしょう。神戸や京都においしい洋菓子店がたくさんありますが、なかでもこれが一番です」

二日間で18店舗のお取り寄せ・お土産グルメが登場する「梶原由景のうまいもの市」では、まだ名前を出せない超有名店のお弁当も数量限定で販売予定。ここで出会った食を取り寄せいていただくのもよし、現地に本場を味わいに行くもよし、新しい出会いの場として「サンロクゴ商店街」に足を運んでいただきたい。

【マーケットイベント『サンロクゴ商店街』】
日時:2020年1月12日(日)10:00~20:00
2020年1月13日(月)10:00~18:00
場所:BA-TSU ART GALLERY(150-0011東京都渋谷区神宮前5-11-5)
入場料:無料(事前登録が必要となります。こちらよりご登録ください)
主催:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント