海外からも熱い視線! 90年代カルチャーとリンクした名店「the Apartment」

2020年1月12日(日)、13日(月・祝)の二日間にわたって、東京・表参道のBA-TSU ART GALLERYで開催するd365のマーケットイベント「サンロクゴ商店街」。本連載では、このイベントにご参加いただくショップやブランドの魅力を深堀りインタビュー。今回紹介するのは、ザ・ノース・フェイスのコレクターとして世界的に有名な大橋高歩さんがオーナーを務める東京都吉祥寺に店舗を構えるthe Apartment。

ニューヨークのストリートスタイルが、ここにある

吉祥寺駅から徒歩10分弱。The Apartmentは駅からのアクセスもよいとは言えない立地に佇む、小さなお店だ。しかし、いまでは世界中のショップやブランドからの問い合わせが絶えず、海外のアパレル関係者の間では“東京にあるおもしろいお店”として噂になっているという。

そんなお店のオーナーを務めるのが、90年代のザ・ノース・フェイスのコレクターとしても著名な大橋高歩さん。90年代に発売されたアウターはコンプリート(当時のカタログに掲載されているもの)されており、世界随一のコレクションと言われる。

「当時のアウトドアブランドやスポーツブランドの製品って、年齢設定をせずに作られていたんです。だから、若い人もおじさんも同じものを着ていた。僕らはファッションというよりも、メイドインUSAでクオリティも高い、ベーシックなアイテムを扱っているつもりです」

10代の頃に影響を受けたストリートスタイルを追求し続け、いまでも自らニューヨークへ出向いて買付けを行い、US企画やデッドストックアイテムを中心に、90年代カルチャーとリンクしたスタイル提案を行っている。

見たこともないザ・ノース・フェイスがズラリ

店内に並ぶのは、ニューヨークから買い付けてきた新作が中心。ザ・ノース・フェイスをはじめ、ラルフローレンやカーハート、チャンピオンといった、アメリカを代表する往年のブランドが揃っているが、どれもが日本では売られていないUS限定企画もの。つまり、ここでしか手に入れられない希少なアイテムばかりなのだ。

また、一部のラックには90年代のデッドストックがあったり、大橋さんがコレクションしていたアウトドアブランドのビンテージがあったりと、90年代のストリートカルチャーにハマっていた人であれば、どれもが懐かしくて甘酸っぱい気持ちになってしまうものばかり。

the Apartmentからほど近い五日市街道沿いには、コレクションルームを兼ねた展示スペース「the Apartment Green」も開設。写真は先日行われたニューバランスの新作シューズ「ALL TERRAIN」の先行販売を行ったときの様子。アメリカのニューバランス本社から直接オファーを受けての限定リリースイベントになったというのだから、そのコネクションの深さたるや、推して知るべしである。

サンロクゴ商店街」では、the Apartmentの代名詞とも言える、ザ・ノース・フェイスのUS企画ウエアを厳選して販売予定。真冬にピッタリのアウターから、気軽に買えるインナーシャツまで、90年代に青春時代を過ごした皆さんは要チェックなラインナップ。乞うご期待!

【マーケットイベント『サンロクゴ商店街』】
日時:2020年1月12日(日)10:00~20:00
2020年1月13日(月)10:00~18:00
場所:BA-TSU ART GALLERY(150-0011東京都渋谷区神宮前5-11-5)
入場料:無料(事前登録が必要となります。こちらよりご登録ください。)
主催:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント