京都市左京区にある「珈琲焙煎所 旅の音」。店主がたどり着いたミャンマー産コーヒーを、東京で飲める貴重な機会を見逃すな!

2020年1月12日(日)、13日(月・祝)の二日間にわたって、東京・表参道のBA-TSU ART GALLERYで開催するd365のマーケットイベント「サンロクゴ商店街」。本記事では、このイベントにご参加いただくショップやブランドの出展内容をご紹介します。売り切れ御免の限定アイテムや、並んででも買いたい魅力的な商品が盛りだくさんです。事前にチェックして、サンロクゴ商店街を存分に楽しんでください。合わせて、イベントをもっと楽しむためにそれぞれのインタビュー記事をご覧いただき、ぜひ出展者のことを深く知っていただけたら嬉しいです!

■About

京都市左京区の街外れにある、元美術学校校舎をリノベーションした焙煎所。世界各国のコーヒー農園を自らの足で回り、そこで見つけたコーヒー豆を焙煎して、個性を生かしたシングルオリジンで、こだわりの一杯を提供する。コーヒー豆は、タバコのようなパッケージをした「豆箱」として販売されている。

■Food

※商品ラインナップの一部をご紹介!

『エチオピア イルガチェフェ 150グラム』(1320円)

非常にフローラルで、ブルーベリー、ピーチなどの果実感、こなれたワインのような甘く官能的な香味を持つ高品質なエチオピアイルガチェフェのみが持つ、圧倒的なフレーバーを是非この機会にお試しいただきたい。

『パプアニューギニアトロピカルマウンテン 150グラム』(1125円)

柔らかな苦味と、後からじんわりと果実感のある甘みが広がる。イナップルのようなジューシーさもあり、優しい口当たりが好印象の、まさに南国フレーバーを持つ豆。アイスにしても、チョコレートや黒糖のような甘さがしっかりと感じられ、酸が際立たないので、ほんのりと甘い飲み口のアイスコーヒーに。

『ミャンマー ドープシュエ 150グラム』(1245円)

ミャンマーユアンガンで15年以上丁寧にコーヒーを作り続けるドープシュエ。旅の音のオーナー・北辺さんが産地に赴き、農家に精製までお願いして作った渾身のマイクロロット。ピンクグレープフルーツのようなクリーンな香味と、じんわりと広がる奥深い甘さ。ドープシュエのコーヒーチェリーの糖度はなんと「30」(巨峰やメロンの糖度は約18度ほど)。「美味しいコーヒーをたくさん日本に届けたい」と話すドープシュエ。彼女の想いが香味に表れている。

『ホンジュラス エルロブラル農園(COE入賞) 150グラム』(1320円)

オレンジのようなフレーバーが香り、まったりとした飲み口。蜂蜜のような奥深い甘みがあり、スイーツを食べているかのような甘い余韻が残る。中煎りですので苦味は少なく、果実感と甘みの余韻をお楽しみいただきたい。もちろんそのまま飲むのもおすすめだが、生クリームが家にあれば少し垂らしてみて欲しい。甘さが一層引き立つのだ。

『グアテマラ アルトデメディナ農園 150グラム』(1230円)

苦味と甘みと酸味のバランスが非常に良い豆。アーモンドのような香ばしさもありながら、喉越しは爽やかで、スイートポテトのような甘い余韻が長く続く。まったりとしつつもどこかにフルーティがあり、フルーティなチョコレートような香味を持つ豆なのだ。

『マンデリン トバコ 150グラム』(1250円)

ハーブのような爽やかな香りとマンゴーのようなトロッとした甘みや酸味があり、ミルクチョコレートのような飲み口。ナッツを感じさせる心地よい苦味が特徴的。ミルクとの相性も抜群でアイスコーヒーにもオススメ。

『無添加カフェオレベース』(1382円)

ミャンマーの完熟豆を使用した無添加カフェオレベース。旅の音が焙煎したコーヒーを濃縮し、香味豊かなカフェオレベースに。香料不使用で、完熟したコーヒーチェリーがもたらす華やかな香りを存分にお楽しみいただきたい。(水、またはミルクで四倍に希釈してお召し上がりください。)

『フルーツ バスケット』(1247円)

「USHIO CHOCOLATL」と「珈琲焙煎所旅の音」のコラボチョコレート。原料はカカオとコーヒーと砂糖のみ。それなのにフルーツ感溢れるチョコレート。ベトナムのカカオと旅の音の「ミャンマードープシュエ」の糖度30の完熟珈琲豆を使用。食感がザクザクと楽しく、噛むたびに華やかな香りが弾ける。


『コーヒーゼリーの花ようかん』(1500円)

ラウドファウンディングから生まれた『コーヒーゼリーの花ようかん』。京都の老舗和菓子の名店「七條甘春堂」との異色コラボによって生まれた新しい和菓子。上層に爽快感溢れるミントゼリーと熟成ラズベリー。中層はミルク羹、羊羹、そして特別なコーヒーゼリー。コーヒーゼリーには苺ジャムのような甘い香りと豊かなコクがあるエチオピアイルガチェフェをふんだんに使用して、ゼリーに仕立てている。

『ドリップコーヒー・ミャンマー/バリ』(各450円)

京都に店を構える「珈琲焙煎所 旅の音」のコーヒーを東京で飲める貴重な機会。ぜひお見逃しなく。

【マーケットイベント『サンロクゴ商店街』】
日時:2020年1月12日(日)10:00〜20:00
2020年1月13日(月)10:00〜18:00
場所:BA-TSU ART GALLERY(150-0011東京都渋谷区神宮前5-11-5)
入場料:無料(事前登録が必要となります。こちらよりご登録ください。)
主催:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント