5分で完成!おやつだけでなくワインのお供にもぴったり【スキレットで始める男メシ:第47回 大人の焼きリンゴ】

キャンプの定番道具「スキレット」は、鉄製の厚手のフライパン。本連載では、スキレットを使った手軽に作れる男メシをお教えしよう。第47回は「大人の焼きリンゴ」を紹介する。

コンビニ食材でおしゃれなおつまみにチャレンジ

最近はコンビニでもフルーツが売られている。ちょっと小腹を満たしたいときに便利なフルーツだが、実はおつまみとしても活用できる。今回紹介するのは、白ワインや軽めの赤ワインと合わせるときにおすすめしたい「大人の焼きリンゴ」。

「大人の」と付けたのは、甘さとしょっぱさをかけ合わせた味付けだから。用意するのは下記の材料だ。

<キャプ>
・カットりんご 1袋(4切れ)
・キャンディチーズ(ブラックペッパー) 3粒
・メープルシロップ 小さじ2
・くるみ 3粒(細かくする)
・シナモン 適量

キャンディチーズとは、個包装になったチュラルチーズ。ブラックペッパーのものを使うことで、スパイシーさが生まれるが、もしなければ最後にブラックペッパーをかければOK。また、メープルシロップの代わりにハチミツを使ってもいい。くるみとシナモンは食感と味のアクセントに加えているので、なくても構わない。

メープルシロップとシナモンだけはコンビニで手に入りづらいので、そこは自由にアレンジしてほしい。とはいえ、りんご、甘いシロップ、チーズ―――この組み合わせこそ、まさにワインにぴったりな甘じょっぱいおつまみを完成させる3要素なのだ。

オーブントースターで5分焼くだけで完成

まずはりんごを2mm程度の厚さにカットして、スキレットに並べる。薄いほうが火が通る時間を短縮できるので、ここは面倒くさがらないこと。

あとは、メープルシロップ、シナモン、薄切りにしたキャンディチーズ、くるみを載せて、オーブントースターで5分加熱する。

完成した焼きリンゴがこちら。トースターから出すとシナモンとりんごの香りが漂い、短時間レシピながら本格的なおやつを作った気分になる。少し火が通って柔らかくなったアツアツのりんごに、メープルシロップの甘みとシナモンの風味、さらにチーズの塩気が加わって、思わず次から次に食べ進めたくなること必至。

ワインと一緒にいただくと、まさに小洒落たバル気分。夜遅く帰宅してちょっとワインが飲みたいときにもぴったりなおつまみだ。