家族で盛り上がれるダンスパーティ『MASTERS AT WORK in JAPAN』が開催。今年はキッズエリアもパワーアップ!

1990年の活動開始から現在に至るまでダンスミュージック・シーンに影響を与え続ける、ルイ・ヴェガとケニー・ドープによるハウスユニット、MASTERS AT WORK(マスターズ・アット・ワーク、以下MAW)。

世界的にも年に数えるほどしか見られないとされる彼らのパフォーマンスが、ここ日本で10年ぶりに実現したのが2016年。MAWの圧倒的なパフォーマンスを目の当たりにしたオーディエンスの熱烈なリクエストに応え、翌2017年には奇跡ともいえる2年連続の公演が実現。そして2018年11月18日、なんと3年連続となる『MASTERS AT WORK in JAPAN −Beautiful People −』が開催されるのだ。

当日はメインアクトのMAWをはじめ、永井 博、Kaoru Inoue、DJ KOCO、Mayu Kakihata、MUROといったDJ、さらにはDazzle Drums、GONNO、HIROSHI WATANABE、Midori Aoyama、THE PEOPLE IN THE FOGなど、MAWから連綿と続く現在のダンスミュージック・アーティストが東京・新木場のageHaに集結。さらには、SODEEPのメンバーを筆頭に、シーンの最前線で踊り続けるダンサーがオーガナイズするダンスサイファーも行われるなど、充実のラインナップとなっている。

そして『MASTERS AT WORK in JAPAN』でもうひとつ注目なのが、2016年の第1回より展開されているKIDS PARK。今回は「遊びから学び!」をテーマに、全国の音楽フェスのキッズエリアを手掛けているSMILEKIDS GROUPがオーガナイズし、内容が一段とパワーアップ。

「叩いて遊ぶDJ体験型ワークショップ」や「オリジナルコルクボードづくり」「マーブルクレヨンづくり」「ドラムワークショップ」など、親子で楽しめるワークショップが充実しているうえに、ナチュラルフードをメインとしたフードの販売や、ベビーカー置き場やおむつ替え、授乳スペースの設置などホスピタリティも万全。

しかも2018年の『MASTERS AT WORK in JAPAN』は小学生以下のキッズだけじゃなく、中高生も入場無料(ドリンク代は別途)。昼〜夜のageHaで家族いっしょにダンスパーティやワークショップを楽しめるなんて、最高の秋じゃないですか!

関連リンク

MASTERS AT WORK in JAPAN