年末年始に遊ぶのはどれ!? 小型プレステからインディーゲームまで「東京ゲームショウ2018」総復習

家庭用ゲームはソフト中心の出展 eスポーツも盛況!

「東京ゲームショウ2018」が、9月20〜23日に幕張メッセで開催された。過去最大の668企業・団体が出展された同イベントは、家庭用ゲームからスマートフォンゲーム、PCゲームまで幅広い新作タイトルを多数展示。歴代最多の29万8960人を動員し、大盛況のうちに幕を閉じた。 

家庭用ゲームに関しては、目玉となる新ハードや周辺機器の発表がなかったため新作ソフトのデモ出展がメインに。次ページ以降で紹介するメーカー以外にも、『バイオハザード RE:2』『デビル メイ クライ 5』の発売を控えたカプコン、『GOD EATER 3』『エースコンバット7』が待ち遠しいバンダイナムコエンターテインメントが人気を集めていた。

なお、任天堂は例年どおり出展していなかったが、各社のブースには『Nintendo Switch』対応ソフトがズラリ。前年に比べてソフトラインナップが拡大していることを印象づけていた。

メインホールから離れたスペースには、インディーゲームやVR/ARの展示が。中でもアミューズメント施設などに設置するロケーションベースVR筐体には、終日長蛇の列ができるほど。SF映画に登場しそうなVRバイク、VRカーを体感できるJPPVRは、特に注目を集めていた。 

同会場では、eスポーツの大型ステージ企画も実施。『ウイニングイレブン 2019』『フォートナイト』をはじめプロゲーマーや海外選手も参加する大会に多くの観客が詰めかけ、注目度の高さをうかがわせた。

1.ソニー・インタラクティブエンタテインメント
新作ソフトが充実!「プレイステーション クラシック」の展示も