耳型を採取して自分だけのイヤホンを。オーダーメイドで究極の音を体験!【ワイヤレス時代のイヤホン選び】

【ワイヤレス時代のイヤホン選び完全版】

かつて「無線は音質が下がる」と、異端児扱いされていたワイヤレスオーディオだったが、ここ数年の技術進化で状況が一変。売り場ではBluetooth製品がメインスペースを占めるようになり、オーディオ市場を牽引するまで成長した。この背景には「左右分離型」や「首掛け式」、「骨伝導」に「完全防水」「リケーブル」など、従来のオーディオシーンにはないユニークな製品の存在が確実に影響を及ぼしている。

そんなBluetoothだが、規格自体が“進化途中”なのも確か。新しい技術や製品が日々登場しているので、少し昔の製品と今の製品では作り、音ともに大きく差が開く。ここではBluetoothを中心に、2018年のミドルクラス最新モデルをピックアップ。視聴スタイルで選ぶも、ブランドで選ぶもよし。もちろん、値段や見た目もひとつの選び方だ。決して「安かろう悪かろう」や「価格以下の音」はなく、おしなべて良いイヤホンなので、セレクトショップで買い物を楽しむ感覚で見てほしい。

 

【CUSTOM EARPIECE】自分だけのイヤホン 究極のマスターピースを作る。

評価が高い製品でも自分にはダメというのはよくある話。そもそも自分の耳に合わなければ、本来のパフォーマンスは出ない。だったら自分の耳の形にオーダーメイドすればいいという結論に行き着く。

一度は試してみたいオーダーメイドイヤホンの世界

オーディオの世界で、より良い音を求める欲求に一度火が付いてしまうと、もうそれは止められなくなってしまうものだ。そして、そのような人たちが確実に通る道がカスタムイヤホンだ。カスタム・イン・イヤー・モニター(略してイヤモニ)とも呼ばれ、その特徴は、耳型を採取した上で成形するということ。

耳の形は人の数だけ存在すると言われ、自分用に作られたカスタムイヤホンは、それだけパーフェクトなフィット感が得られるとともに、鼓膜にロスのない音を届けてくれる。

要するに、自分だけの究極のイヤホンだ。元々はステージミュージションやサウンドエンジニアが正確なモニタリングのため、高解像度・高遮音性を追求したものだったが、最近では究極の音を求めるマニアを中心に人気のジャンルとなっている。また、そのジャンルにソニーが参入してきたのだから、目が離せないのも当然。

ただ問題はその価格だ。自分だけのオーダーメイドで作成するため、安いものでも4万円程度と、おいそれと手を出しにくいものでもある。しかし、世界にひとつだけの自分専用イヤホンであるという点と、高い遮音性で音漏れが少なく、高音質設計によるハイクオリティなサウンドが得られるという点で、その価格を裏切らない満足感と所有欲を満たしてくれるのは間違いない。

イヤホンのある意味、ゴール的な存在とも言えるカスタムイヤホンの世界を、ぜひ一度は味わってみてはどうだろう。

世界に2つとないカタチ、まるでアクセサリーのような美しさと存在感を漂わせる。

e☆イヤホン
CUSTOM IEM
実勢価格:3万900円〜

イヤモニと言えばe☆イヤホンというくらい、その信頼性は高い。世界初のカスタムIEM専門店では、様々な種類の中から自分だけの一台を選ぶことができる。

イヤホン・ヘッドホンの専門店として人気のe☆イヤホンは、長年カスタムIEM(イヤモニ)を扱っており、世界初の専門店を出していることでも有名。その実績と信頼性の高さから、高価格帯の商品ながらも、お店はいつも数多くの客で賑わっている。カスタムIEM専門店では、常に数多くの種類のイヤモニが試せる他、隣接するリスニングラボで耳型の採取を行うことができる。また、e☆イヤホンでは指定の耳型採取店舗を利用したウェブでの注文も行っているので、興味のある人はぜひチェックしてみてほしい。
■e☆イヤホン カスタムIEM専門店
(住所:東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビル1F 電話:03-3256-1701 営業:11:00〜20:00)
■e☆イヤホン(WEBサイト)
ジェルを耳型に成形して作られるカスタムイヤホンは、オーダーメイドのため、自分だけの究極のマスターピースとなる可能性も相当高い。同時に所有欲も満たしてくれる。
カスタムイヤホンは耳型を採取して作る
ベストな状態で音を鼓膜に届けるためには、ユニットからの音道を正しく外耳道に沿わせることが重要。この外耳道にしっかりフィットさせるために、カスタムイヤホンではまず、左右の耳型の採取を行う必要がある。その耳型サンプルを元にジェルを成形して、最終的にイヤホンが作られる。完成に多少の時間がかかる分、届いた時の喜びも大きい。

ソニーが創り出す自分史上、最高の音。

最高品質の一台をつくるために必要となる丁寧な工程と独自の技術。プレミアムな体験を味わえるカスタムインイヤーモニターの最高峰。

ソニー
Just ear XJE-MH1
実勢価格:32万4000円(別途、耳型採取費用9720円が必要)

耳の専門家と熟練のマイスターによって生み出される究極の装着性と、これまでに様々なヘッドホン・イヤホンの音響設計を担ってきたエンジニアが提案する自分だけの音を実現するソニー初のテイラーメイドイヤホン。

「Just ear は、ひとりひとりが愛する音楽を、その人にとって最高の音質で届けられます」と、『Just ear』エンジニアの松尾伴大さん。
耳の外耳道にしっかりフィットさせることが、ロスのないプレミアムなサウンドを生み出す。また、最適なドライバーの位置やケーブルの出口は耳の形によって変わってくる。このために『Just ear』では専用ヘッドゲージを開発。耳型採取時に装着し、それぞれの耳に最適なレイアウトのシミュレーションを行うため、それぞれの人にベストな設計が可能だ。

 

『デジモノステーション』2018年7月号より抜粋。