ケーブルやイヤーピースを替えるだけで音が変わる。1000円以下で試せるイヤホンカスタマイズ【ワイヤレス時代のイヤホン選び】

【ワイヤレス時代のイヤホン選び完全版】

かつて「無線は音質が下がる」と、異端児扱いされていたワイヤレスオーディオだったが、ここ数年の技術進化で状況が一変。売り場ではBluetooth製品がメインスペースを占めるようになり、オーディオ市場を牽引するまで成長した。この背景には「左右分離型」や「首掛け式」、「骨伝導」に「完全防水」「リケーブル」など、従来のオーディオシーンにはないユニークな製品の存在が確実に影響を及ぼしている。

そんなBluetoothだが、規格自体が“進化途中”なのも確か。新しい技術や製品が日々登場しているので、少し昔の製品と今の製品では作り、音ともに大きく差が開く。ここではBluetoothを中心に、2018年のミドルクラス最新モデルをピックアップ。視聴スタイルで選ぶも、ブランドで選ぶもよし。もちろん、値段や見た目もひとつの選び方だ。決して「安かろう悪かろう」や「価格以下の音」はなく、おしなべて良いイヤホンなので、セレクトショップで買い物を楽しむ感覚で見てほしい。

 

【BLUETOOTH CABLE & EARPIECE】リケーブルで追い込む、イヤーピースで変化をつける。

イヤホンやヘッドホンは、実はケーブルやイヤーピースを替えることで音が変わる。マニアの間ではメジャーだったカスタマイズだが、カスタマイズ用の製品が数多く出てきたことで、より身近になってきた。

ケーブル着脱式でリケーブルを楽しむ

プレミアムな音質で人気となっている高級イヤホンだが、その多くはケーブル着脱可能なモデルとなっている。着脱式のメリットはまず、断線による故障でもケーブルだけ替えればOKというところ。

また、ケーブルをより高級なものに替えることで音質をさらに高めるといった、カスタム性の高さも魅力で、「リケーブル」用の製品もますます市場を賑わせているのが現状だ。ケーブルで変わる音の世界を楽しもう。

手持ちのイヤホンをリケーブルでワイヤレス化する。

ソニー
MUC-M2BT1
実勢価格:1万8880円

ソニーのXBA-Z5、XBA-A3、XBA-A2、XBA-H3、XBA-H2、XBA-300といったケーブル着脱タイプイヤホンをBluetoothでワイヤレス化するためのオーディオレシーバー。

MMCX端子は、イヤホン交換ケーブル用端子としてスタンダードな存在となっているため、今後もリケーブルの楽しみが増えていく可能性が高い。

交換式イヤホンの種類を知っておこう。
MMCX端子以外にも、接続端子(プラグ)はいくつかの種類がある。なかでも汎用性が高いものとして、『カスタム系2ピン(イヤホン)』、『AKG用ミニXLR(ヘッドホン)』などがある。リケーブルを楽しむために知っておこう。
『MUC-M2BT1』は、mmcxコネクタが採用されているソニー製イヤホン向けの製品だが、シュアの『SE215SPE-A』といった他メーカーのイヤホンでも問題なくつながった。ワイヤレスでも音のクオリティは相当高い印象。ただメーカー保証対象外なので自己責任でどうぞ。

ケーブルの種類によって音が変化

汎用性の高いMMCX端子用のBluetoothケーブルが続々登場。iPhone 7からステレオミニ端子が廃止されたことで、ワイヤレスへの需要が高まったことも背景だ。とくに人気のシュアのSEシリーズをワイヤレス化できることは、多くのユーザーにとってメリットのはず。

また、ケーブルの種類によっても音が変化するので、好みの音を選ぶ楽しみもある。引き出しに眠っているイヤホンを復活させるチャンスだ。

Shure
RMCE-BT1
実勢価格:1万3190円

SEシリーズで人気のシュアからも待望のBluetoothケーブルが登場。同社のイヤホンに最適化して設計された製品となっており、サウンド面も満足できる。

MEE audio
BTX1
実勢価格:7020円

Bluetooth 4.0搭載で、高音質オーディオコーデックaptXならびにAACをサポートしたMMCX-Bluetoothケーブル。軽量10gを実現。

最も手軽で効果の大きいカスタマイズ

ケーブル変更で音質を変えて楽しむカスタマイズだが、実はもっと手軽に音を変えることができる。イヤーピースだ。

耳へ直接密着させるパーツだから、人によってはケーブル以上に劇的な変化が得られる場合もある。密閉度を高めることで低音の量感などにも大きく変化が出やすい。

また、フィット感が高まれば、それだけ長時間つけていても快適。何より低価格で音を改善できるのが大きな魅力だ。

Comply
Variety Pack
実勢価格:2370円

長年、米軍ヘリコプター乗務員の軍用イヤーピースとして使用された低反発ポリウレタン製のイヤーピース。それだけ信頼性の高い遮音性とフィット感を実現する。確実に音が変わるはずだ。


コンプライには種類がある。


コンプライには、細長いタイプと球体型タイプの2種類の形状があり、それぞれ耳垢ガードの有無で選べる。まずは形状で自分の耳に合ったものをセレクトしてみよう。

Others

低反発型

ソニー
トリプル コンフォート イヤーピース
実勢価格:1380円

独自開発シリコンフォーム素材を組み合わせが生み出す柔らかさと追従性で、高い遮音性と長時間の快適な装着性を実現。水洗いもできるから便利。

 

シリコン製

final
earpiece E Type
実勢価格:840円

耳のサイズに関わらず、完璧な装着感が得られるシリコンイヤーピース。高い密閉度で低音の量感が得られる。千円を切る低価格だから気軽に試せる。

Spinfit
CP145
実勢価格:1350円

柔らかなシリコン素材を用いることで、耳の中の形に沿うように変形し密着感を向上させる。高音、低音がよりクリアに聴こえるシリコン製イヤーピース。

 

トリプルフランジ型

Shure
トリプル フランジ イヤーパッド
実勢価格:2160円

通称、三段きのこと呼ばれる独特な形状が特徴。その形状により高い密閉性を実現するとともに、シリコンラバー素材が快適な装着感をもたらす。

 

『デジモノステーション』2018年7月号より抜粋。