軽くて安い!ネックバンド式Bluetoothイヤホンの人気が再上昇中【ワイヤレス時代のイヤホン選び】

【ワイヤレス時代のイヤホン選び完全版】

かつて「無線は音質が下がる」と、異端児扱いされていたワイヤレスオーディオだったが、ここ数年の技術進化で状況が一変。売り場ではBluetooth製品がメインスペースを占めるようになり、オーディオ市場を牽引するまで成長した。この背景には「左右分離型」や「首掛け式」、「骨伝導」に「完全防水」「リケーブル」など、従来のオーディオシーンにはないユニークな製品の存在が確実に影響を及ぼしている。

そんなBluetoothだが、規格自体が“進化途中”なのも確か。新しい技術や製品が日々登場しているので、少し昔の製品と今の製品では作り、音ともに大きく差が開く。ここではBluetoothを中心に、2018年のミドルクラス最新モデルをピックアップ。視聴スタイルで選ぶも、ブランドで選ぶもよし。もちろん、値段や見た目もひとつの選び方だ。決して「安かろう悪かろう」や「価格以下の音」はなく、おしなべて良いイヤホンなので、セレクトショップで買い物を楽しむ感覚で見てほしい。

 

【NECKBAND EARPHONES】スタンダードとなった、首掛け式Bluetooth。

左右分離型イヤホンと比べ、耳の負担が少なくストレスフリーな掛け心地の首掛け式Bluetooth。長時間の稼働やバッテリー切れ解消などさまざまな利点を持ち、いまジワジワと人気が再上昇している。

自由度と耳への負担を完全クリア

左右分離型イヤホンの人気の影に隠れてしまっている印象があるネックバンド式イヤホンだが、実はウェアラブルデバイスとしてはとても優秀。

イヤホン・ヘッドホンはどうしても耳への負担が付きものだが、ネックバンド式イヤホンはその負担が最小限で済む。左右分離型はどうしてもハウジング部にすべての機能を埋め込む必要があるため、その分重くなってしまう。その点、ネックバンド式イヤホンは、本体機構をネックバンド部に納めることで、耳に入れるスピーカーは軽くなる。ケーブルがあるとは言え、首から耳までわずか15cmほどなのでそれほど気にならない。

バッテリーも秀逸でネック部に内蔵しているため、長時間の稼働が可能となっている。頻繁に充電する必要がなく、旅行などに行って電池切れというトラブルも少なくなる。

ボタン操作が簡単なのも大きな特徴。独立したボタンが用意されていることも多く、長押しや2度押しなど覚えにくい操作とは無縁だ。

さらに、ネックバンド式イヤホンは価格帯が比較的安価であることも重要なポイント。左右分離型であれば数万円なのに対し、ネックバンド式は1万円前後の価格帯がスタンダードだ。買うかどうか迷うことなく、まずは安価なものを一つ試してみてもサイフの負担にはならないだろう。

スマホ連動で可能性が広がる。

Nain
Zeeny
実勢価格:1万4040円

『Zeeny』は音質調節機能付きで、ジャンルに合わせて音質を変えることが可能になっている。また、スマホを取り出すことなくSNSなどの通知確認ができる。

Bluetooth対応でストレスフリー。ケーブルが絡む心配がないので通勤電車やランニングなどさまざまなシーンで活躍してくれる。
スマホ連動が今後のトレンドに
音声だけでメールやSNSなどの新着メッセージの通知確認をしたり、音声をテキスト化してメールを返信するなど、スマホと連動することで様々な可能性が生まれてくる。
音楽再生は最大で8時間と十分で、バッテリー切れの心配も少ない。重量は27.2gと軽量なため、着け心地もバツグン。SiriやGoogleアシスタントなどの音声サービスにも対応しており、スマホの使い方が大きく変わる。

ランニングに最適なフィット感。

パナソニック
RP-BTS55
実勢価格:1万9880円

『RP-BTS55』はスポーツ向き。変形できるイヤークリップを採用しているため、激しい運動でもしっかりと耳にフィットした状態をキープしてくれる。

ブルーエッジLEDライトが搭載されているので、夜間のランニング時でも周りからの視認性は高い。安全性にも気を配られている。
IPS5防水規格で耐水性を強化
IPS5防水規格により耐水性が強化されているため、汗や突然の雨でも安心。屋外でのスポーツでの使用を前提に使いやすさを追求。
スマホに音声アシスタント機能があれば、通話の発信や楽曲操作を音声で行うことができる。完全なハンズフリーによって、ランニングだけでなく仕事でも集中することができる。まさにスマホのために生まれたような機器がこの『RP-BTS55』だと言える。

超軽量ながら高音質を実現。

JBL
REFLECT MINI 2
実勢価格:9880円

約18gと超軽量でストレスフリーな掛け心地で高音質モデル。最大10時間のワイヤレス再生やIPX5防水仕様など各種機能も充実している。初めて試したい人向き。

心拍数計測可能なスグレモノ。

JBL
REFLECT FIT
実勢価格:1万7880円

最大の特徴は搭載している心拍数の計測機能。またフィットネスアプリと連動させて使うこともできる。激しい運動でもずれにくく疲れにくい独自の構造も特筆もの。

スポーツ、特にランニングを前提としたBluetoothイヤホンは素材にこだわったものが多い。たとえば『REFLECT MINI 2』は優れたアルミニウム素材を使うことで耐久性を強化するとともに高級感を演出。また素材という点では安全面にも気を配られていて『REFLECT FIT』はケーブルに反射材が施されている。同モデルは振動アラート機能を持っており、スマホと連動させることで着信時に振動することで知らせてくれる。ともに音量調節などの作業がリモコンででき、また長時間の音楽再生ができるので頻繁に充電する必要もない。

フィット感と音質を重視。

雑音が多いところでもクリアな通話が可能になる機能を搭載。軽量でコンパクトなのもうれしい。

Fender
PureSonic Wireless Earbuds
実勢価格:9914円

人間工学に基づいて快適な装着感が得られるようにデザインされたワイヤレスイヤホン。クリアな高音と豊かな低音で音質面でも抜かりないアイテムとなっている。

1台目に最適なベーシックモデル。

AUDIOFLY
AF45W
実勢価格:7290円

スポーツなどで使える防水性を備え、音質面では様々なジャンルに対応するバランスの良さが特徴。ワイヤレスを試したい人に最適なモデルだ。

Bluetoothはバージョンを必ずチェック。音楽を聴くだけならばver3.0以前のものでもOKだが、2倍以上のプロファイルが対応しているという点でver4.0以上のものを選ぶのが無難だろう。上で紹介している2モデルはともにver4.2で、転送速度やセキュリティの面でそれ以前のものよりも優れている。これがver5.0になるとさらに転送速度が倍になる。
U1万円も激戦区です。
手頃な1万円以下のイヤホンも多数発売されており、それだけメーカーもこの価格帯に力を入れている。なかには音質や機能面でも高級品に負けず劣らずのものもあるからあなどれない。まずはこの価格帯から選んでもいいだろう。

ワイヤレスでも音にはこだわる。

MEE
audio EarBoost EB1
実勢価格:1万1880円

音楽メインのユーザーにおすすめの機種。iPhone/iPadアプリである『Ear Boost』と連動することでイコライザー調整が可能。好みの音が作れる。

音質にこだわったBluetoothイヤホンを手に入れたいのなら、『earboosteb1』や『ATH-DSR5BT』は選択肢に入るはず。価格は大きな差があるが、前者は好みの音を自分で作れ、後者は圧倒的な音質の良さという特徴を持っている。

ハイエンドなのにはワケがある。

オーディオテクニカ
ATH-DSR5BT
実勢価格:4万3070円

広大なダイナミックレンジやデジタル信号をダイレクトに音に変換するドライバー搭載など、音質に徹底的にこだわったハイエンドモデルだ。最上級を試したい人向き。

And more….

ソニー
WI-SP600N
実勢価格:1万8880円

電車などでのリスニング時には外部のノイズを低減する機能、逆にスポーツを行っている時には外の音を取り込むモード、と状況に応じて使い分けができる

Shure
SE215 Special Edition WIRELESS
実勢価格:1万9850円

電源の残量などを教えてくれる音声ガイド機能付きの便利なデバイス。クリップ装着で落下リスクを減らすことができる。音質は低域を強化した力強いサウンド。

Beats by Dr.Dre
BeatsX
実勢価格:1万2850円

Apple W1テクノロジーを搭載。5分の充電で2時間の再生が可能。電話応答のためのケーブル内蔵マイクなど日常生活での必要不可欠な機能を完備する。

RHA
MA650 Wireless
実勢価格:1万1664円

透明度の高い高音質が特徴の音楽ファン向きモデル。シリコン素材で覆われており肌触りも装着感もいい。折れ型を残さず、コンパクトに畳んで収納できるのも便利だ。

SENNHEISER
CX 6.00BT
実勢価格:1万2960円

クリアな音質が特徴のイヤホン。ハンズフリー通話に対応。フィット感も良く、周りの遮音性も高いので、仕事で集中する時やワークアウトに没頭したい時におすすめ。

NuForce
BE sport4
実勢価格:1万670円

防水・防汗性を備えたスポーツ向けのイヤホン。同時に音質にもこだわった逸品。質感が良いアルミ合金製でデザインにも優れているファッション性の高いモデル。

 

『デジモノステーション』2018年7月号より抜粋。