耳を塞がないから人の話や環境音も聴こえる。“ながら聴き”に適したイヤホン3選【ワイヤレス時代のイヤホン選び】

【ワイヤレス時代のイヤホン選び完全版】

かつて「無線は音質が下がる」と、異端児扱いされていたワイヤレスオーディオだったが、ここ数年の技術進化で状況が一変。売り場ではBluetooth製品がメインスペースを占めるようになり、オーディオ市場を牽引するまで成長した。この背景には「左右分離型」や「首掛け式」、「骨伝導」に「完全防水」「リケーブル」など、従来のオーディオシーンにはないユニークな製品の存在が確実に影響を及ぼしている。

そんなBluetoothだが、規格自体が“進化途中”なのも確か。新しい技術や製品が日々登場しているので、少し昔の製品と今の製品では作り、音ともに大きく差が開く。ここではBluetoothを中心に、2018年のミドルクラス最新モデルをピックアップ。視聴スタイルで選ぶも、ブランドで選ぶもよし。もちろん、値段や見た目もひとつの選び方だ。決して「安かろう悪かろう」や「価格以下の音」はなく、おしなべて良いイヤホンなので、セレクトショップで買い物を楽しむ感覚で見てほしい。

 

【OPEN EARBUDS】耳を塞がないはイヤホン選びの新たな選択肢となる。

耳を塞がずに音楽が楽しめるデバイスは、音楽を聴いている最中でも人の話が聞けたり、ランニング時でも周囲の環境音が聞こえて安心などメリットも多い。もっと自由に音楽が楽しめる新たな選択肢だ。

外の音が聞こえる、音楽もしっかり聴こえる。

耳を塞がないという発想で生まれたウェアラブルデバイスは、音楽を聴くというスタイルを根本から変えてしまう。これまでのイヤホンやヘッドホンは、より良い音を鼓膜に届けるために、技術的な理由で耳穴にスピーカーを極力近づける必要があった。それは周囲の音を遮断することとイコールで、音楽にひたすら没頭できるというメリットでもある。

しかし、それは逆に音楽に対する心理的なハードルを高めてしまってもいた。音楽を聴いている間は、ひとりの世界で物音にも気づかない。本を読むことはできるかもしれないが、人と会話をすることはできない。要するに、音楽を聴くことで様々な制約が生まれてしまうのだ。

じゃあ、耳を開放したまま音楽を聴けばいい、というのがこれらの新しいデバイスたち。技術の革新は耳穴にスピーカーを近づけなくても、しっかりと音楽が楽しめるリスニングスタイルを実現した。そして、音楽に耳を独占させないことで、音楽へのハードルはぐんと下がる。

“ながら聞き”のスタイルは、自分だけに聞こえるBGMを流しながら、人と会話もできるし、何より音楽が邪魔にならないからいつでも音楽を鳴らしていられる。

音声やヘッドジェスチャーでスマホが操作できる。

A. 完全ケーブルレスな左右独立型。通常のイヤホンのように耳を塞がない形状で周囲の音も自然に聞こえてくる。
B. ドライバーユニットはタッチパッドにもなっており、スマートフォンを取り出すことなく快適な操作を実現している

ソニー
Xperia Ear Duo
実勢価格:2万9880円

周囲の音を聞きながら音楽やラジオを楽しめるだけでなく、スマホと接続して、天気やニュース、受信メッセージの読み上げをしてくれる、自分だけの秘書のような存在。


片方で約10.6gと軽量で、人間工学に基づいた下掛けスタイルはストレスフリーな掛け心地を実現している。連続音声再生時間は本体のみで約4時間。

『Xperia Ear Duo』では、自分だけに聞こえるBGMを流しつつ、周りの音も自然に入ってくる新しい音楽・コミュニケーションを体験できる。何より音声入力や首を振ること(ヘッドジェスチャー)で、様々な操作が可能なのがスマートかつ便利。

“ながら聴き”が生活を変える。

ambie
ambie wireless earcuffs
実勢価格:1万2960円

アクセサリーのイヤーカフのように、耳を挟むようにして装着するスタイル。耳穴を圧迫することなく音楽が楽しめると同時に、周りの音もしっかり聞こえる新型デバイスだ。

A. 耳穴を圧迫しない新しいスタイルは、様々な硬度のシリコンを組み合わせた素材によるソフトな装着感と相まって、長時間着けていてもストレスが少ないのが魅力。

6COLORS

最初こそ装着位置の調整に慣れが必要だが、いったんベストなポジションが決まれば、ソニーの高感度ドライバーユニットが臨場感あふれるサウンドを耳に届けてくれる。もちろん、音楽を聴きながら、会話を楽しむこともできる。まさに“ながら聴き”のために生まれたアイテムだ。

“肩掛け式”という新たなスタイル。

Bose
SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER
実勢価格:2万9880円

肩に掛けるだけで、迫力のボーズサウンドが楽しめる。Bluetooth対応機器で音楽や通話はもちろん、SiriやGoogleアシスタントへのアクセスも可能だ。

付属のカバーは、サウンドに一切影響を与えないように設計されている。また、どんな方向にも伸縮可能で簡単に着脱でき、耐久性も高い。


装着感を左右するネックバンドには、首や肩の形に合わせて調整できる形状固定ワイヤーを採用。首回りにフィットし、しばらくすれば装着していることを忘れてしまうほど。

肩掛けスタイルのウェアラブルスピーカーが人気だが、ボーズの『SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER』の魅力は何と言っても音の迫力とバランスの良さ。ボーズらしい低音とクリアな中高域は見事で、音楽はもちろん、映画鑑賞にも最適なデバイスだ。

 

『デジモノステーション』2018年7月号より抜粋。